日常の領収書


西表ライフの1コマをお届け
by 西表の人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
イベント@石垣
at 2017-07-22 23:59
滝めぐり
at 2017-05-04 19:40
鳥見
at 2017-04-24 19:31
Dicranolaius
at 2017-04-23 14:40
at 2017-04-16 18:34
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
ブログパーツ
足跡





※当ブログはリンクフリーです。
※写真の転載はお止め下さい。

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古見岳からユツンへの道

b0198151_21322556.jpg

ユツン方面へは三角点の奥から下ることができるらしい。





リュウキュウチクを藪こぎしながら下ると道が・・・・・・・・・・・・・・消えた。テープの後も無くナタの入ってそうな樹を探して二人で右往左往する。

b0198151_21334386.jpg

足元には、ナンバンカゴメランらしき植物があった。珍しいはず。

b0198151_21363488.jpg

しばらく、進むと沢に出たのでこれがユツンの川へ通じていると信じて下山開始。
北西方向へ向かえば正解ルートに近付くだろうとふんで歩くが方角を図るとグルグルと回されてしまう。
ただし、水の流れはあるのでそれを頼りに沢下り。

b0198151_21392099.jpg

時たまナタ痕のようなものがあるが古いのばかり。

開けている場所は歩きやすいが・・・・・・・・・・・・・・・・・・。標高が山頂からあまり変わらない。

b0198151_21412992.jpg

ちょっと高くねえですか?こんな感じのところを二回下ると標高が300mくらいまで下がった。


b0198151_21423662.jpg

さらに進むと視界が明るくなり嫌な予感が・・・・・・・・・・・。滝上なのである。それもユツンの三段滝とは別の・・・。

完全に開けてしまった。そして道路と難破船が見える。つまり方角は間違っていなかったのだが下る沢が最初から違ったようだ。

しかし戻るには下り過ぎてしまっているしどうするかという話になってしまった。滝の脇から下りれないかとNakayamaさんが見に行ってくれ「行けそうですよ」と言うのでついて行くと・・・・・・・・・・・写真の左から崖を回り込み、何とか滝下まで下りることに成功した。

b0198151_2146714.jpg

下りている途中に横から撮影。ユツン三段滝の一段目くらいの高さがありそうだった。

b0198151_21513874.jpg

沢を下りきると見覚えのある光景が飛び込んできたので一安心。本当に横の沢に行ってしまったようだ。つまり、スタート直後でルートを完全に間違えていたことになる。生還できて良かった。まあ。一人だったら下りなかったけれどね。

b0198151_21551098.jpg



休憩を入れて古見岳山頂まで3時間。古見岳から名無しの滝?経由でユツンの入口まで3時間45分と大冒険の一日だった。そして、一人で入山した場合はあんな感じで迷ったり崖下に落ちて自然に還って行くんだろうなと思った。


みなさんは真似しないようお願いします。


ユツン側から再チャレンジしないと正規ルートは解明できないだろうな。次回は2月後半か3月か。
[PR]

by cheirotonus | 2013-01-31 22:10 | 日常 | Comments(3)
Commented by 虫けら屋 at 2013-02-03 21:19 x
これだけリュウキュウチクあったら、沖縄本島なら確実にケブカコフキいるなぁ…。
ライトFIT掛けてみない?…って今年はもう遅いけど。
Commented by いそはえとり at 2013-02-04 00:06 x
横入り失礼。FITといえば、遅くなってしまいましたが材料一式を送りました。6日に到着する予定です。
珍品をいっぱい採って下さい^^
Commented by cheirotonus at 2013-02-04 16:48 x
>虫けら屋さん

道を教えてあげますので、行って来てください(笑)

>いそはえとりさん


さんくす。

ご希望の環境やポイントがあれば掛けてきますよ。


<< 幕間 古見岳への道:山頂と植物 >>