日常の領収書


西表ライフの1コマをお届け
by 西表の人
カテゴリ
最新の記事
船へ
at 2017-07-23 19:01
イベント@石垣
at 2017-07-22 23:59
滝めぐり
at 2017-05-04 19:40
鳥見
at 2017-04-24 19:31
Dicranolaius
at 2017-04-23 14:40
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
ブログパーツ
足跡





※当ブログはリンクフリーです。
※写真の転載はお止め下さい。

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧


学会二日目

b0198151_12544573.jpg

b0198151_12551753.jpg

北大構内にはネクイハムシを採集できる池が在る。本日、帰らねばならぬので近場に生えているミクリを眺めながら頑張って20頭くらい摘まんだ。
b0198151_1304933.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・採りたかったオサムシ。
b0198151_1312027.jpg

b0198151_1314095.jpg

学会の様子。


b0198151_132384.jpg

ゾウムシ分科会では、森本先生が日本産クチブトゾウムシ亜科の概要を話して下さった。次のInsects of Japanでだいぶ種数が増えるようだ。

ゾウムシ軍団は、明日から道内で採集会とのことで私も誘われたのですが、とある事情というか週末のオープンキャンパスの準備を終わらせていなかったので泣く泣く辞退するしかなかった。と、いうか行きたかったよ。
b0198151_1322257.jpg

帰りの空港で、いろはすのハスカップ味があったのでつい買って飲んでしまった。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-31 23:59 | 日常 | Comments(0)

学会初日

起きたら9:10だった。

慌てて、身支度を整え会場へと向かう。
b0198151_11395616.jpg

b0198151_11403366.jpg

b0198151_11405928.jpg

道中、テレビ塔やら時計台やら旧市庁舎があったので撮影。

b0198151_11534264.jpg

学会終了後の懇親会の様子。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-30 23:59 | 日常 | Comments(0)

嵐の前の日

朝から大盛りのご飯が出る。ごちそうさまでした。
b0198151_11335464.jpg

近くの浜でアマモ探し。ようやく見つかったアマモは乾燥気味で良い状態のものがない。篩ってもハマベゾウは出てこないので、堆積していたアマモを回収してツルグレンへかけることにした。

美々の側溝へオサ虫を掘りに行くがオオヒラタシデと小さなゴミムシばかりでキラキラは出てこなかった。

状況終了後、本日の宿がある札幌へ。

道新花火大会と「嵐」関係の人々で市内は大にぎわい。

ホテルは海外のサイトを経由して予約したのだが無事宿泊できた。

b0198151_11343592.jpg

↑この人たちのおかげで、宿が無くなり泊まれなかった学会員もいるようだ。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-29 23:59 | 日常 | Comments(0)

北の大地

早朝に寒くて目が覚める。ハマベゾウを探しに行くがアマモがなく断念。
b0198151_1055162.jpg

昨日、カミキリ類を採集した土場へ向かう。しかし、時間が早かったのか数はあまり多くない。近くに仕掛けておいたオサトラップにはシデムシや小さいゴミムシ類ばかりで、大きなキラキラとしたやつは入って居なかった。
b0198151_1056822.jpg

道民の森方面を目指し標高を上げるも虫は少ない。(アブだけはやたらと居た)道民の森の自販機前にミヤマクワガタの顎が落ちていたので期待して見て回るがアカアシしか採れず。
b0198151_10563913.jpg

b0198151_1057481.jpg

b0198151_10584227.jpg

巨大なミズナラの大木が。
b0198151_10591831.jpg

根元には1mを超えるヤマカガシが住んでいた。

b0198151_10574483.jpg

b0198151_111937100.jpg

帰りは当別方面へ向かう道を進むがどうやらダム建設中だったためほとんどが工事現場となっており良い場所がない。土場も在ったが虫は来ていなかった。(このダム要るのかな?奥にもう一つでかいダムがあるんですけど。)

b0198151_11201593.jpg

昼食後、石狩方面へ戻りつつ良さそうな池や湿地を探す。エゾミソハギからはNanophyesの何某かが大量に採れる。最初の池は良かったのだが次の池では採集しようとしたら道路向こうの遠くで小麦を収穫してきたじいさんが血相を変え飛んできて怒鳴り散らしてきたので止めた。



明日は、小樽方面の浜を見に行こうということになり、それだったら仕掛けたトラップ類を回収に行こうと朝の土場へと向かう。コップを片付け採集していると土場を管理している建設業者の人々が通報があったから見に来たといってやってきた。理解のある方々だったので交渉は成立し採集OKになったのだが、どうやら朝に自殺者が付近(ニアミスじゃん、しかもコップに入ったシデムシって・・・・。)で見つかったらしく、うろうろしていた我らも疑られたようだ・・・・・・・・でかい網持ってたんですけど。まあ、資材泥棒もいるらしいので疑われたとすればそっちの容疑か。

状況を終了し小樽へ。
b0198151_11241146.jpg

レストハウス「おしょろ」へ宿泊する。ライダーズハウスなので宿泊客はライダーさんばかり。夕食の食べれるところを聞いたらうちで食べなよとなり、毛ガニ入りの海鮮ラーメンと白飯などを出してもらう。量が多いので有名な宿らしい。

学んだこと※ 他人の土地に入る時は人影を見かけたら必ず断ること。基本的に良い人が多いが短気なのか断らないとキレる。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-28 23:54 | 日常 | Comments(0)

いざ、北へ

本日から北海道入り。定刻通りに新千歳空港へ到着する。

まずは、借用していたタイプ標本を返すべく北大の総合博物館へと向かう。札幌へ向かう気車内でIsowa氏のデジカメが壊れていることが判明。この後、彼はヘッドライトが壊れたり、長竿が折れたりと愉快なイベントに終始見舞われた。

北大へ向かう道中、南陽堂書店を発見し何故か二人で、はしゃぐ。待ち合わせ時間には、まだ間があったのでカフェでヒマつぶしをしていたのだがさすがに飽きてきたので虫でも採るかと準備をして表へ出た途端、ものすごい土砂降りになった。

止むのを待っていると今度は待ち合わせ時間が迫ってきてしまったので、仕方なく傘を買い(雨は想定外だったので持って居なかった)豪雨のなか標本だけを持って博物館へと向かう。

何と標本を返却し、先に道入りしていたKudoと合流。石狩方面へと向かう。
b0198151_9495153.jpg

主要目的は、ハマベゾウの採集なので砂浜のありそうな海水浴場へと車を走らせるのだが行く先々で道路は駐車禁止、駐車場は海水浴客お断りか600~1000円を払わなければならないという状況だった。アマモがなければ即終了の調査だけに5分駐車で1000円支払うのは痛いと考え交渉するが浜へ行くなら止めるなとか金払えとかそんなのばっかりであった。
b0198151_1011942.jpg

b0198151_10113521.jpg

漁港の湾内はウニだらけだった。

ハマベゾウが採れなかったので、山方面へ下見に行く。田んぼ脇に池があり、エゾミソハギが生えていたので掬うとNanophyesが3頭ほど入った。
b0198151_10154029.jpg

条件の良い土場を発見したのでカミキリを探すがあまり付いていない。クモゾウとカレキゾウが居たので根絶やしにした。

帰り道、車道わきにキタキツネの子ギツネが跳ねているのを発見したのだが、カメラを奥深くにしまっていたために撮影できず。残念。

石狩方面へ戻り「番屋の湯」で疲れを落とす。駐車場のライトを見ていたら浜が近いのでオサムシモドキが来ていた。そして、何故かカワラゴミムシも拾った。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-27 23:59 | 日常 | Comments(0)

白い悪魔

投稿していた論文がようやく出ることになった。ということで、ネタばれしても良かれ。
b0198151_1352741.jpg

チビゾウムシでは最大のサイズになるgenusで写真の通りの色彩。つい、「白い悪魔」という種名を与えてしまった。
属名も「ナッツにダメージ」なのでちょうど良いかと。
知り合いの研究者に論文を送ったところ「superb」とコメントをいただいた。




明日から日曜日まで、北海道へ行ってきます。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-26 13:55 | 大学 | Comments(2)

名前判明

飼育していたカマキリはマオウカレハカマキリParablepharis kuhliiという名前だった。珍しい種なのかと思ったのだが分布は意外に広かった。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-25 19:36 | 昆虫 | Comments(0)

fever

土曜日に行ったオープンカレッジで、果物別にどんな虫が来るか?ということでトラップを仕掛けた。中身は、パイナップル、バナナ、メロン、スイカ。しかし、当日は気温が上がらなかったため1匹もかかっていなかった。

そして本日、片づけのために回収したところ大惨事になっていた。
b0198151_14385411.jpg
b0198151_14392087.jpg
b0198151_1439898.jpg


カブトムシ結果: パイナップル  38頭・メロン  26頭・スイカ 4頭・バナナ  26頭

計 94頭

どうやら、発生ピークは昨日のようだ。
捕まえたカブトムシは、次回のオープンカレッジの時に配布する予定。


新入りが加わった。「前脚が3本あるアマガエル」
b0198151_14393162.jpg

[PR]

by cheirotonus | 2011-07-25 14:45 | 大学 | Comments(2)

新たなる装備

前々から欲しかったのだが、先延ばしにしていた道具を購入した。

b0198151_1123446.jpg


これがあれば、材採も穴掘りもスムーズにできる。値段もお手頃だった。


土牛 パイプ柄ブロック鎚 450g
土牛産業
売り上げランキング: 1995

[PR]

by cheirotonus | 2011-07-24 11:26 | 日常 | Comments(0)

セミの羽化観察会

本日も「夏の昆虫観察会~セミの羽化の観察~」と称してオープンカレッジが開かれた。

前回と参加家族が同じなので、集合前にキャンパス内を散策したらしくカブトムシやクワガタを手にして現れた。
セミの羽化は観察できなかったが、脱出前の幼虫の穴を見つけたり、トタテグモの観察をした。もちろん、導線にある樹液に来ていたカブクワも回収。

終了後、アンケートを書いてもらった。「楽しかった」、「また来たい」と書いてあったので好評であったようだ。

そういえば、キャンパス内で今年、初めてヒグラシの鳴き声を聞いた。
[PR]

by cheirotonus | 2011-07-23 23:59 | 大学 | Comments(0)