日常の領収書


西表ライフの1コマをお届け
by 西表の人
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
2018年ライト始め
at 2018-05-13 19:29
大潮
at 2018-04-30 14:59
山歩き始め
at 2018-04-29 18:49
渡りの季節
at 2018-03-11 19:24
浜散歩
at 2018-03-10 23:59
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
ブログパーツ
足跡





※当ブログはリンクフリーです。
※写真の転載はお止め下さい。

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漂着物

b0198151_202651.jpg

すずめを久しぶりに見た。この島は居る所に入るがあまり見ない鳥。




b0198151_2042713.jpg

帰りしなにイルカがうちあがっているとの連絡を受けたので見に行ってきた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が潮が引いている時間帯なので、とても戻せるような距離ではなかった。(左に写っているのが個体)



つづきは食事中の方は遠慮くださいと一応注意書きしておきます。



b0198151_2071749.jpg

近づいてみるとイルカではなかった。おそらくオガワコマッコウというイルカよりも小さいクジラ。
まあ、イルカもクジラも同じか。外洋性なのでデータはもっぱらこのような打ち上がった個体から取っているらしい。(あ~データが欲しいという連絡は受け付けません。でかいので。ほしい方はご自分で取りに来てください。)

まだ息はあり、こちらに助けを求める感じで睨んできたが100kgは超えていそうだし、皮膚もボロボロ、呼吸孔かと思うほどの穴が背中に開いていた(ダルマザメに齧られた痕)ので、どう考えても無理。

ペットボトルに汲んだ海水を死に水、代りにかけて手を合わせ退散した。



4・23追記

Kogiaはサンプリングの後、埋設されました。コマッコウとオガワコマッコウは分類が非常に面倒なようです。私の場合は、画像検索して直感でこっちだと同定しました(笑)

怒られそうだけど(汗)

あと、この種類のクジラはうちあがったりして興奮すると体色が赤っぽくなるので怪我をしているように見えるそうです。写真の個体はダルマザメに齧られていたので戻したら生きていけたのだろうか?
[PR]

by cheirotonus | 2013-04-17 20:22 | 日常 | Comments(0)
<< バタバタに終止符? 今季、初 >>